2010年2月5日金曜日

フリーランスCGデザイナー用の節税法

フリーランスにも退職金があるってしってました?

小規模企業共済という制度があるのです。ま、要するに積み立てなのですが
2年以上積み立てれば、それまでの積み立て金額の100パーセントから120パーセントかえってきます。
ま、それだけきくと、なんだ自分の金がかえってくるだけかと思うかもしれませんが、この積み立て分は所得からひけるので課税所得がぐっと、最大ひとり84万抑えられます。
その結果所得200万の人だと、税金が、12万8500円かえってきます。所得がもっと多い人は、さらに多くかえってくることになります。
その他申告するだけで、数十万は返ってくるので一度勉強してみるとよいのではないでしょうか。
申告、めんどくさいと思う方もいるかもしれませんが、最近は会計ソフトがでてるので、これを帳簿がわりに打ち込むだけです。



で、僕が勉強してみた節税関連本です。


これ、僕がフリーランスになることを考えてから、最初に読んだ本です。
イラストレーターのきたみさんが税理士にいろいろ質問しているんですが、
われわれフリーランスのまわりでおきることをとても具体的に説明してくれているので、申告初心者にはすげーいいです。
フリーランスのデザイナーにとって青色申告がいかに有利か説明してくれてます。



こちらはマイクロ法人(ひとりだけの会社や家族だけの会社)を設立して節税しようという本。
ようするに、法人と自分と家族をつかって、一番税金が少なくなるように、収入をならしましょうということです。

とはいえ、この本に書いてある国民年金基金や小規模企業共済は、法人を設立しなくても、個人事業主なら活用できるので読んでみるとよいですよ!
さらに法人成りを検討してみてる人は、そのほかファイナンスのこともかいてあるのでみてみるといいですよ。

ほかにも地元の商工会議所のHPを調べてみると、いろいろと創業支援の助成金やら無担保融資の方法とかがのっているので是非みてみてください。

ああ、なんかこういうのパズルや計算問題みたいで面白い・・・

2 件のコメント:

Brian Chen (Yusei Chen) さんのコメント...

面白い!僕も節税したい・・・

P.S.久しぶりやねー。元気?こっちもぼちぼちだよ。機会があったら遊びにおいで!!

yu さんのコメント...

お!

そっちの税金とかどうなってるんだろうねー。安そうなイメージがあるけども。アメリカはサラリーマンもみんな申告してるんだよね。
遊びに行きたいぜ!泊めてくれ!
もちょっと広くて便利なとこに引っ越そうと思うから、また日本にきたときはとまりにきてくれー